化粧品でニキビケアは可能。通販で手に入る、白ニキビにも効く化粧品を探してみよう。

JK92_kaerimichi20150208082355500-thumb-1606x1000-12181
白ニキビは、顔の表面にポツポツでき、
肌と同じ色か少しだけ黄色がかった黄白色のニキビです。

ニキビの一般的な印象は、
赤く盛り上がったものを想像しますが・・・

これは
炎症や化膿した赤ニキビの事です。

つまり、最初はみんな白っぽく炎症を起していない白ニキビ状態です。

そのため、腫れも小さく大きさも直径1~3mm程度と比較的症状が軽いため、
この時期に正しいニキビケアをすれば軽い症状で治まります

白ニキビケアで、まずやってはいけない事は・・・

どうしても気になってしまうとは思いますが、
手で触ってしまうことです

これは、いくら症状軽い白ニキビでも患部を刺激して
悪化してしまうので気になっても触らない事です。

手を清潔に洗っていても、目に見えない雑菌が実は意外と多いので
悪化させない原因にもなるので気をつけましょう。

比較的症状が軽いので市販薬などで炎症を予防したり、
皮膚科に行くなどのニキビケアもありますが、
最近では通販などで白ニキビに効く化粧品も数多くあります。

白ニキビは、過剰な皮脂分泌やターンオーバーの乱れ、
ストレスなどが大きく関係していると考えられます。

ストレスなどが原因でターンオーバーの周期が長くなります。

本来排泄すべき角質が溜りやすくなるので、
自分に合った化粧品を選び、

皮膚細胞の生まれ変わりを良くする、また手助けをする事も、
白ニキビを改善、予防する方法になります。

白ニキビを作らない化粧品を選ぶポイントは、
有効成分に消炎作用が含まれる、刺激が少ない、
成分にオイルが少ないのポイントを抑えながら選ぶと良いです。

消炎作用に効く有効成分は、
漢方などに使われる甘草などから取れる成分の・・・

グリチルリチン酸2kが効果があると言われ、
植物由来なので肌への刺激が少ないので安心して使えます。

白ニキビの原因であるアクネ菌は油分をエサにして繁殖します。

赤ニキビなどの悪化していく可能性があるので
含まれているオイルには気をつけたほうが良いです。

ノンコメドジェニックというアクネ菌のエサにならないオイルを使っているもの、
ホホバオイルなどニキビを悪化させないものが安心です。

どのようなノンコメドジェニック化粧品があるかというと・・・

常盤薬品のノブACアクティブ富士フィルムのルナメアなどが
白ニキビにも効く化粧品と言われています

それぞれ原因となる角質や皮脂を取り除くピーリング効果や、
ニキビケアで乾燥しがちな肌に潤いを与え、
毛穴を柔らかくして白ニキビを防いでくれます

白ニキビの悪循環を改善するため、通販でじっくりニキビケア化粧品を選ぶと
自然とでツルッとした肌が自分に近づいてきてくれます。

失ったキメを取り戻す方法とは?

矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…


コラム記事一覧


記事保管所

繰り返す白ニキビを正しいスキンケアで早く治すにはどうしたらいい?

nikibi03

白ニキビで悩んでいる人は多いと思います。
そもそも白ニキビはニキビの初期段階の症状です。

なのできちんとしたスキンケアを行えば早く治すことが可能です。

正しい洗顔のやり方

まずニキビケアといえば洗顔ですが、
使用する洗顔料もきちんと選ばなければいけません。

よく市販のニキビケア専用の洗顔料を使っている人がいると思いますが、
あまりおすすめは出来ません。

理由は洗浄作用です。

市販のニキビ用の洗顔料は洗浄作用が非常に強いものが多いので
逆に肌にダメージを与える結果になる可能性があります。

ニキビケアを行う際には敏感肌用のものを選ぶことをおすすめします。
また化粧水ですが、ニキビ用のは洗顔料と同じく殺菌作用があります。

ニキビの原因でもあるアクネ菌を殺菌してくれるのは
非常に良いことのように思えます。

しかし、殺菌作用のあるものはアクネ菌だけではなく
善玉菌も殺菌してしまうので使用しない方がいいかもしれません。

ニキビに重要なことは殺菌よりも保湿が重要になります。
洗顔後は肌が乾燥しやすい状態になりニキビも出来やすくなってしまいます。

乾燥とニキビは繋がりが無いように思うかもしれませんが、
肌が乾燥してしまうと肌の表面を守ろうとして皮脂を過剰に分泌させるので、
毛穴が詰まりやすくなりニキビを作り出してしまうのです。

なのでニキビケアに効果のある化粧水を選ぶ際には
保湿力を重視することが大切になります。

保湿力の高い成分として有名なのがヒアルロン酸です。

保湿力も高く肌のバリア機能をサポートする働きもあるので
肌を清潔に保つことができ、ニキビ予防や改善効果にも繋がります。

またヒアルロン酸以外にもセラミドという成分も保湿力が高く
水分を挟み込んで逃がさない効果もあります。

化粧水を塗った後は実は水分が蒸発しやすくなるので
乳液やクリームも使用すると良いでしょう。

化粧水と同様にヒアルロン酸やセラミドなどの
保湿力の高い成分が配合しているものを選びましょう。

ただ注意が必要なのが化粧水は多めに塗っても構いませんが、
乳液は多く塗り過ぎると毛穴に詰まってしまいさらにニキビが出来やすくなるので
乳液は少量にして薄く伸ばすような感覚で顔に塗ると良いでしょう。

白ニキビは最初でも言いましたがニキビの初期段階です。

また見た目も小さく目立たないため気づかないうちに
悪化させてしまう恐れがあります。

黒ニキビや赤ニキビに悪化してしまうと日頃のスキンケアだけでは
治すのが難しくなりますし治ったとしても痕が残る可能性が高くなります。

ニキビにきちんと効果のある洗顔料と化粧水を使って肌を清潔に保つように
日々ケアを行えば白ニキビ改善に大きく繋がります。

白ニキビを改善するということは
黒ニキビや赤ニキビなどの予防にも結果として繋がる
ことになるので
面倒だとは思わずに努力することが大切です。

失ったキメを取り戻す方法とは?

矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…

白ニキビは間違ったスキンケアによる乾燥も原因。美肌を取戻す洗顔方法とは?

nikibi01
ニキビと言うと、なかなかすぐには治らない厄介なものと思われがちですが、
白ニキビは別です。

白ニキビと言うのは、ニキビの初期段階で、
毛穴に皮脂が詰まってしまっているだけの状態です。

まだ炎症も起きていないので、この段階での対処法次第では、
悪化する前にきれいに治すことが可能なのです。

思春期のニキビであれば、汚れや皮脂の分泌が影響するのですが、
大人の白ニキビは、どちらかと言うと乾燥や生活習慣の乱れ、
ストレスなどが原因
と言われています。

そのため、ニキビが出来たから、と、
若い頃の対処法を思い出して何度も洗顔をしてはいけません。

これでは大人の白ニキビは治るどころか悪化する一方となってしまうのです。

では、どうすればいいのか。

答えは、洗いすぎないことと、
自分にあった洗顔料を使用すること、
そして原因となる生活習慣の見直し
です。

正しい洗顔のやり方

“洗いすぎない”と言うのは、洗顔を止めるということではありません。

洗顔は日中顔についた埃や汗、汚れなどを取り除くのに大切なことです。

これを取り除かなければそこから菌が繁殖し、ニキビの原因ともなってしまいます。

しかし、皮膚についた汚れを取り除くだけなら、
ゴシゴシこすり落とさなくても可能なのです。

また、1日に何度も洗わなくても、朝と夜、洗うだけで十分です。

さらに、夜はもちろんメイク汚れなどもありますから、
しっかり洗顔料を使用して洗うことが必要となります。

逆に、朝は必要以上に皮脂を洗い落してしまうと乾燥を招き、
ターンオーバーを早め、肌の状態を悪くさせてしまいます。

ですから、その時の肌の汚れを確認し、
どの程度の洗顔が必要なのか見極める
ことが大切です。

大抵は、朝はぬるま湯で洗い流すだけで十分なはずです。

夜はメイク落としを使った後に、自分の肌に合った洗顔料を使うのがいいのですが、
洗顔料には洗浄効果が高すぎる成分が含まれているものが多いのも事実です。

勿論しっかり毛穴の汚れを取り除かなければ、
そこからニキビを発生することを防ぐことが出来ません。

そこで、自分に合った洗顔料を見つけたら、なるべくしっかりと泡立て、
肌に負担をかけないように短時間で洗い流すといいでしょう。

長時間洗浄を続けてしまうと、必要な油分までも取り除かれてしまい、
乾燥によるニキビを招いてしまいます。

洗顔が終わったら、しっかりと保湿することも大切です。

この保湿は、ニキビがある間は避けようとする方がいますが、逆なのです。

乾燥したまま放置するから、皮膚が硬くなり、
毛穴がふさがれてしまい、ニキビが悪化してしまいます。

油分の多いものを重ねづけはお勧めしませんが、
白ニキビがある時こそ保湿効果の高いものを使用することをお勧めします。

失ったキメを取り戻す方法とは?

矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…

どうして鼻の周りには白ニキビができやすいのか?毛穴の詰りのケアと治療の仕方が知りたい!

TSJ93_hizamakuran20150208150259500-thumb-1431x1000-12346
白ニキビのメカニズムと予防法

まず白ニキビというものは、角栓が詰まってしまい
毛穴に皮脂が溜まっている状態
を指します。
ここにアクネ菌が入り込むと炎症を起こし、赤ニキビとなって
お肌に多大なダメージを与えるのです。
つまり、白ニキビというのはまだ重症化する一歩手前の状態なのです。
この状態のうちに適切な処置を施し完治すれば、痕が残ってしまったり、
痛みによるダメージを受けずにすむわけです。

角栓が詰まってしまう原因は、男性ホルモンにあると言われています。
男性ホルモンが引き起こす”毛穴が収縮する”という状態から角栓が詰まりやすくなり、
その影響で白ニキビが出来やすくなるのです。
女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。
なんらかの理由で男性ホルモンが増加する事で女性にも同様の症状がみられ、
これにより白ニキビが発生する事も少なくありません。
ではどのように男性ホルモンを抑えるとよいのでしょうか。

まずは常に女性ホルモンが男性ホルモンより
優位である状態を保つ事が大切
です。
女性ホルモンにはエストロゲンという種類があります。
これは妊娠の準備をするためのホルモンで、卵巣から分泌されるものです。
自律神経を安定させ身体を健康に保つ性質があり、
肌に潤いを与えるホルモンとも言われていますが、
このエストロゲンと似た成分であると最近注目されているのがイソフラボンです。
納豆、大豆、油揚げなどに多く含まれるイソフラボンですが、
これを一定量継続して摂取する事でホルモンを安定させれば、
男性ホルモンよりも女性ホルモンが優位になっている状態を作る事ができます。
摂取量はだいたい1日で40~50mgが理想とされています。
納豆なら1パック。
豆腐なら100g、大体1/2丁ほどです。
意識して積極的に取り入れるよう心がける事で、
女性ホルモンを味方にする事ができます。
食事で摂取する事が難しい場合には、栄養補助食品としてサプリメントが大変便利です。
ただしサプリメントはメーカーによって含有量などに違いがあるので、
しっかり把握して摂取するようにしてください。

角栓が詰まらないよう気をつけていても、
どうしても白ニキビができてしまう事も勿論あります。
その場合はまずは皮膚科に相談しましょう。
一番やってはいけないのが”自分で潰す”事です。
雑菌が入ってしまうと炎症を引き起こし痕が残ってしまう可能性があり、
このニキビ痕に長く悩まされる事になりかねません。
めんどくさがらずきちんと専門家に相談する事が大切です。

失ったキメを取り戻す方法とは?
矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…


白ニキビは潰しても大丈夫?正しい方法で潰して芯をだせば、治りが早い?

AL0012-netesimattete20140722500-thumb-1200x800-5275

ニキビが顔に1つポツンとできるだけで、顔の印象が一気に変わってしまいますよね。

いやーなにきびを早く、きれいに直すコツがあれば知りたい!
というあなた、ぜひ参考にしてください。

美肌の国、韓国では街を歩けば皮膚科にあたるというくらい皮膚科がたくさんあります。

実際に、ニキビが一つできただけでも、
皮膚科に行って処置してもらう
といことも普通です。

皮膚科でしてくれることは、まずニキビを専用の器具で潰して、
中の芯を取り出します。
それから、その部分を消毒し、ニキビ跡にならないように
専用の傷テープのようなものを貼ります。
このテープは一日そのままにしておいて、翌日にはとってもOK。
すると、あら不思議、ニキビのあったあともきれいに直っているのです。

このことを参考にすると、まず白ニキビは潰しても大丈夫。
でも、潰すなら清潔な状態で潰さないと雑菌が入って
もっとひどい膿ニキビに化膿してしまうことがあるので、
個人で潰すのはお勧めしません。
また、跡になってしまうこともあるので、注意が必要です。

白ニキビは皮膚科などで以外は、なるべく潰さないで
自分の肌に合った化粧品を使ってケアするのがいいですね。
顔全体にニキビが存在するのであれば、
ニキビ肌用の基礎化粧品を使用して
こまめにケア
するのがいいでしょう。
顎などのポツンとできる大人にきびの方は
ニキビ肌用の基礎化粧品を使うと乾燥してしまうことがあるので、
できればニキビのある部分にだけニキビ肌用の化粧品を使うことが得策です。

思春期ニキビであれば、油分をきちんと取り除いてから、
水分をしっかり補給するのがニキビを防ぐ鍵です。
逆に大人のニキビは肌の乾燥によって引き起こされることがあるので、
ケアには慎重になる必要があります。
肌が乾燥すると、バリア機能が低下するため、それを防ぐために肌は油分を出します。
このため、肌の表面はオイリーなのに、内面は乾燥しているという
「かくれ乾燥肌」になっている人が多いです。
この場合には肌の表面だけでなく、内部まで水分でしっかりと保湿し、
適度な油分を含んだ美容液やクリームで蓋をするケアが有効です。

また、ニキビにストレスは厳禁。
鏡を見て憂鬱になるのならば、なるべく鏡は見ないなどの心がけが必要です。
しっかりと睡眠をとり、ビタミンを多く含む果物を定期的にとるようにしましょう。

なんにせよ、自分の肌にあった基礎化粧品を見つけるのが美肌への近道!
ニキビのないつるんときれいな肌を手に入れるまでがんばりましょう!

失ったキメを取り戻す方法とは?
矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…


白ニキビは大人でもできる。漢方や食品でニキビ体質を改善しよう!

PAK82_gannbattekudasai1039500-thumb-750x500-4071

思春期の悩みの定番のニキビですが、大人になっても
ちょっとした不注意でニキビになってしまいます。

ニキビのイメージとしては、赤く炎症を起こしたように見える
赤ニキビをよく思い受けべられると思いますが、
大人のニキビでは白ニキビというものがよく見受けられます。

この白ニキビというものは、赤ニキビや黄ニキビの一歩手前のもので、
主に角栓や毛穴の汚れなどが原因となります。

この状態では普通「ニキビ」としてはご自身でも認識されることはないので、
ただの肌荒れや肌トラブルだと思って放置してしまいがちです。

しかし、先ほど白ニキビは赤ニキビの一歩手前の状態だと申し上げたとおり、
このまま白ニキビの状態を放置しておくとドンドンと悪化して、
最終的には炎症を伴う赤ニキビになってしまうのです。

そこで、白ニキビを早め早めにケアする習慣を心がけましょう。

白ニキビのケアで有効と知らえているものに
漢方があります。

ニキビは肌の問題だと思われがちなので、
一般にニキビケアでは洗顔や化粧水などを使う方が多いでしょう。

しかし、人間の肌というものは体内の問題が表面化する部分ですので、
肌の問題は直接体内のトラブルに換言されます。

ニキビの原因となる体内の問題としてはストレスや胃腸の荒れなどの他に、
女性ならば生理不順など様々なものが考えられます。

個人個人の抱えている問題が違うので、漢方の場合には
一概に「これを飲めば大丈夫」などということは出来ませんので、
ぜひご自身のお身体に適した漢方薬を薬局などでご相談の上お選びください。

しかし、漢方以外にも気軽にニキビを予防できる食品があります。

よく知られていることでしょうが、肌トラブルには
やはりビタミン類が非常に効果的
で、
特にビタミンAやビタミンCはお肌の健康維持に大きく貢献します。

これらは緑黄色野菜にはもちろんレバーやうなぎなどにも多く含まれるので、
ぜひ積極的に摂取してください。

その他にも体内環境を整えるという意味で重要なのが、食物繊維です。

先に申し上げたとおり、腸内環境は肌の健康にダイレクトに作用します。

キャベツやイモ類など食物繊維が豊富な食品を毎日必ず取るように心がけるだけで、
腸内環境は大きく変化していきます。

このように、一般的によく行われている洗顔などのニキビ対策だけではなく、
平行して体内環境を整えていくことにより、ニキビの治療や予防に大きな力となります。

あなた自身のお身体を整えた上で、ぜひニキビケア商品をお使いください。

失ったキメを取り戻す方法とは?
矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…


美肌の天敵!毛穴の角栓(コメド)や汚れを防いで、白ニキビをつくらせないスキンケア

N112_kaowoooujyosei500-thumb-750x500-1953

ニキビや肌荒れはとても気になるものなのですが、その中でも気になるのが
発疹となってしまう白ニキビ
ある場合も多いでしょう。

ニキビには他にも赤ニキビや黒ニキビ、黄ニキビなど
さまざま種類があるのですが、できるだけこの白ニキビの状態で
肌を改善することが大切です。

白ニキビが出てきてしまう原因は、
過剰な皮脂の分泌や、 その分泌された皮脂が
角栓などによって塞がれてしまうこと
によっても起こるのです。

さらに間違ったスキンケアや、紫外線、ストレスなどにより、
肌のターンオーバーが乱れてしまった時にも
この白ニキビを発生させてしまやすい原因もなっています。

白ニキビを発生させないためには、食生活や生活習慣、毎日のスキンケアなど
複合的に行っていく必要性があります。

白ニキビを発生させてしまう食べ物とは、 油脂類などを多く含み過ぎたもの、
糖分の多い物、添加物の多いものなどが挙げられます。

白ニキビができてしまったときには特にこれらを控えた方が良いのです。

さらに大切なのが毎日のスキンケアです。

特にメイクの時にはファンデーションなどをつけることも多いので、
白ニキビが塞がれてしまい余計悪化するということもあります。

これを防ぐためにはなるべく白ニキビの部分には
ファンデーションや余計なメイク用品などをつけないということも大切です。

ニキビができてしまうと、それが気になってしまい頻繁に洗顔をしてしまったり、
ニキビが気になり触れてしまうこともありますが、
白ニキビが余計ひどくなってしまうので、できるだけ触らずに置いておくことです。

洗顔は1日に2回行い、ぬるま湯を使い丁寧に洗っていきます。

この時の洗顔料は、合成界面活性剤などが含まれていないタイプの
肌に優しい洗顔料を選択しておきましょう。

シンプルな固形石鹸などもお勧めです。

ピーリング効果の強い石鹸などもあるのですが、
肌がトラブル起こしてるときにはこういった洗顔料は
白ニキビ回復してから使った方が良いのです。

さらに基礎化粧品には、ビタミンC誘導体やビタミンA誘導体、
イボ取りとして知られているハトムギ化粧品、アロエエキスや
肌を沈静化させる甘草エキスなどもお勧め
です。

これらの含まれる化粧水等と併用して、拭き取り化粧水など
基礎化粧品を始める前に使ってみるのも効果的なのです。

これらの基礎化粧品等と併用しながら、普段の食生活や生活習慣、
特に睡眠などをよく取るようにして
体のリズムを整えておくことも大事な事です。

特にコスメでのスキンケアはその人の肌質に合わせて、
サンプルなどを利用し、肌に合う物のなのかどうかをきちんと確かめた上で
使用していくことも大切です。

失ったキメを取り戻す方法とは?
矢吹式ニキビケア
■限定特典その1:一晩でニキビの炎症を抑える方法
■限定特典その2:つるつるすべすべの赤ちゃんのようなみずみずしい美肌に生まれ変わる方法
and more…


正しい洗顔のやり方はこちら